日本でも国際交流が盛んなことを背景に留学する学生が増えています。
そのなかで一つの留学の形としてあるのがボーディングスクールです。
ボーディングスクールは寮生の学校を意味し学業や課外活動だけでなく私生活においても生徒と教師あるいはカウンセラーといったスタッフとともに24時間生活をともにする学校です。
1クラスは10人前後と少人数制であるため生徒一人一人の個性を尊重しながら個別の指導を受けることができます。
そのため海外からの留学生にとっては言語や文化の違いにとまどうことなくしっかりと学習サポートしてくれるため安心です。
また24時間生活をともにするわけですから生徒と教師の距離も非常に近くお互い刺激し合った共同生活を送ることで10代という多感な時期に人間的にも大きく成長していくことができるのです。

ボーディングスクールは共学以外にも男子校や女子高もあるので落ちついた環境で留学生活を送ることもできます。
また芸術や音楽に力を入れている学校や名門大学に進学するために学業に力を入れている学校など様々ですのでこれからどのような将来を歩みたいのかを明確にして学校選びを行うとよいでしょう。

ボーディングスクールで培った学習や経験はグローバル化が進んだ現在において大きな強みとなるものです。
また子どもにとっても大きく成長することができ将来の可能性を広げられるチャンスでもあります。
ボーディングスクールには夢を叶えるための未来がいくつも広がっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です