ボーディングスクールという学校があります。
この学校のルーツはイギリスの寄宿学校です。
イギリス、アメリカ、スイス、カナダ、欧米諸国にこの学校はあります。
オーストラリアなどにもあります。
例えばスイスのボーディングスクールは小学校の低学年の子も受け入れています。
他の国もそれぞれ色々な特徴があります。
欧米諸国ではこの学校に入る子がとても多いです。

この学校はどんなでしょう。
生徒は親元を離れてその寮に住みます。
寮で他の生徒と共同生活する中で、生徒は大きく成長します。
自立心や責任感などが養われるでしょう。
なお寮のセキュリティーについては充実しています。
寮のスタッフなどのサポートを24時間受けることもできます。
このボーディングスクールが少人数制です。
1クラス10名ほどです。
このため、先生は生徒ひとりひとりとゆっくり向かい合うことができます。

ボーディングスクールの教育目的については、社会に貢献する一員を養成することです。
授業内容もその重要な要素ですから、先生は創意工夫した授業を行います。
グローバル化した現代、子供がボーディングスクールに入ることを希望する親御さんが増えています。
将来、社会貢献できる人になって欲しい、また国際社会で必要とされる国際的な人になって欲しいと望むためです。
この学校に、子供がまだ10代のうちに入れる親御さんも多いです。
10代ならネイティブ並みの英語力を身につけることができるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です