高校留学はグローバル時代において、国際感覚を身に着けられる、絶好の機会です。
語学力はもちろん、海外の文化への理解力、外国人への適応能力、コミュニケーション能力など様々な能力を伸ばすことができます。
高校卒業後の進路選択にも影響を及ぼすでしょう。
英語をもっと勉強したいと外国語教育に重点を置いた大学に進学する生徒も多いです。
高校留学では、日本の高校を休学して、海外の高校に進学する形式もあります。
その場合、日本の高校の単位認定制度を利用します。
それにより留年する事なく高校を3年間で卒業することができます。
期間は3ヶ月~1年になります。

それ以外では日本の中学校を卒業して、海外の高校に進学するケースです。
この場合、留学準備コースなどで語学力をUPさせてから、高校留学をします。
このコースは将来海外の大学に進学したい意向を持っている子供や、そういう希望をもっている親御さんが選びます。
このコースは少数派で、金銭的に恵まれている生徒が選びます。

国別ではオーストラリアは気候も暖かく、フレンドリーな国民性でなじみやすいでしょう。
カナダは英語とフランス語が公用語なため、ユニークな環境で学ぶ利点があります。
ニュージーランドは自然が豊かなせいか、国民性は素朴で親しみやすく人々を暖かく迎えてくれます。
高校留学はエージェントを通じて学校に申し込むか、留学制度のある高校に入学することで、可能となります。
思春期の多感な時期に、海外の文化を吸収することは、学生の進路選択の幅を広げてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です