高校の英語の授業は、大学へ進学するための英語となっているため、話せるようになることはまずないでしょう。
英文法や単語の暗記、文章読解力は身に付きますが、日本語のようにスラスラ話せるような授業はしていません。
また、英語コミュニケーションの授業があったとしても、常に英語を使わなければならないわけではないので、ほぼ無意味な授業となっています。
だから、英語を学びたい、話せるようになりたいのであれば高校留学がオススメとなります。

高校留学は、高校生である内に海外へ行き、そこで勉強する、生活することを目的としてプログラムになっています。
高校留学の場合、長期休暇前に高校で留学募集をしている可能性があるのでチェックしてみましょう。
ない場合は、インターネットを検索すれば高校生に向けた留学プログラムがあるので、そちらで参加すると良いです。
高校留学することで、英文法にこだわることなく英語を話せるようになり、コミュニケーションを不自由なく取れるようになります。

実際に留学した場合、自分から積極的にコミュニケーションを取ることをまず心掛けましょう。
そして、簡単な英単語とジェスチャーで会話をし、コミュニケーションを取れることを確認します。
これが自信となり、どんどん話しかけられるようになります。
コミュニケーション回数を増やせば、その分英語を話すことに慣れ、また、自分の知らない英語の使い方を学ぶことができます。
さらに、ヒアリング能力も向上するでしょう。
これによって日本では身に付かない英語力が鍛えられ、英会話ができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です